ダイエット方法

酵素でファスティングの効果とは?一日からできるやり方を紹介

更新日:

「プチ断食」や短期間で体重を落とす方法としておなじみのファスティングダイエット。

「1日食べないだけなら簡単」と感じる方もいるかもしれませんが、正しいやり方で行わないと、リバウンドや胃腸の調子を落としてしまうことにもなりかねません。

この記事では、酵素を使ったファスティングダイエットの方法について解説していきます。

ファスティングダイエットとは

ファスティングダイエットとは、固形物を取らないダイエット方法です。

「食べないで痩せる」というよりかは、消化器官を休ませることで、体の調子を整え、痩せやすい体質にしていくことを目的としています。

体質改善を目的に行いますが、摂取カロリーも抑えられ、体の中に溜まる食べ物もなくなるため、短期間で体重を落としたい女性にも人気です。

ファスティングダイエットの効果

  • 腸内環境が良くなる
  • 痩せやすい体質に
  • デトックス効果
  • ホルモンバランスの改善
  • 食生活の改善

「食べないから体重が落ちる」というだけでなく、体の内側から調子を整える効果や体質改善が期待できます。

「なんとなく体がいつもだるい」「お腹の調子がよくない」というのは、腸が消化疲れを起こしている場合も。

普段から食べ過ぎや飲みすぎなどで腸に負担が続くと「腸疲労」を引き起こしてしまいます。

消化不良は代謝効率もダウン

腸が疲れてしまうと、消化の働きが弱くなります。

消化不良は便秘の原因にもなりますし、代謝効率も下げて太る原因になってしまいます。

腸が元気になると便秘解消や消化がスムーズになるため、代謝効率もアップしてダイエット効果にもつながります。

腸を元気にすると体の調子も良くなる

腸は体の免疫力の80%を司る大事な臓器なので、腸の調子が悪ければ、体の調子も上がりません。

ファスティングを行うことで、いつも活動しっぱなしの腸を休めて、体の調子を整えることができます。

ファスティングダイエットの期間

ファスティングダイエットは1日から5日程度で行います。

1日〜5日とはいっても、実際に食事を取らずに過ごす本番日が1日〜5日ならば、準備期間や回復期間も含めて3日〜10日ほどのスケジュール考えましょう。

いきなり食べない日にするよりも、まずは食事を変えて体を断食に向けて胃の中を綺麗にしていく準備をはじめ、断食後も胃腸に負担をかけないように胃に優しい食事から食べ始めることが必要です。

初心者におすすめの酵素ファスティングは1日

初めてファスティングを行う方は、週末3日間を使ってできる1日ファスティングから試してみましょう。

週末で行う場合のやり方を解説していきます。

準備期間は金曜日から

金曜日の食事から、消化がよく胃に優しいメニューを心がけて、ファスティングに向けて体を準備していきます。

「まごわやさしい」を意識して食事のメニューを決めていきましょう。

食事の量もいつもより少なめ、腹八分目で抑えておきます。

土曜日が酵素ファスティング日!

土曜日がファスティングの本番です。

1日、酵素ドリンクと水分だけで過ごします。

「水だけ」では体に必要な栄養をまったくとれないことになるので、代謝活動の効率が落ちてしまいます。

水は水分補給にして、置き換える食事は、酵素ドリンクや味噌汁など栄養とカロリーをある程度摂取できるものを選びましょう。

酵素ドリンクは色々な栄養を一気に摂取できるのでおすすめです。

食事の時間は酵素ドリンクで置き換え

朝食、昼食、夕食のタイミングで酵素ドリンクを飲むことで、体に必要な栄養を補います。

1日で500キロカロリーを目安にするので、3回の食事の他に、空腹を感じて我慢ができないときに、間食代わりに酵素ドリンクを飲むのもOKです。

水分補給にカフェインや味のついた飲み物はNG

コーヒーや緑茶、ジュースなど味のついたものを飲みたくなってしまうかもしれませんが、カフェインは胃を刺激してしまいますし、野菜ジュースも消化活動で腸を動かしてしまうのでおすすめできません。

体や内臓を冷やさない常温の水〜ぬるま湯をたっぷり飲みましょう。

また飲み方も一度に一気に飲むのではなく、喉が乾く前にこまめに水分をとります。

空腹感を紛らわせるのに、酵素ドリンクをお湯で割ってホットで飲むのもいいですね。

日曜日は回復期間に

ファスティングから、食べることを再開するのに、体を徐々に慣らしていく期間です。

回復期間を設けないと、内臓に負担がかかりますし、リバウンドのきっかけにもなってしまいます。

献立は、朝食を酵素ドリンクで済ませ、昼食と夕食も「まごわやさしい」を意識して消化の良い食べ物を選ぶのがポイントです。

湯豆腐や温野菜など使ったメニューを選ぶといいですね。

慣れてきたら3日間のファスティングに挑戦!

週末の3日間を使った1日ファスティングになれたら、3日間のファスティングに挑戦してみましょう。

3日間ファスティングのスケジュールは

  • 準備期間:2日間
  • ファスティング期間:3日間
  • 復食期間:2日間

の1週間で行います。

やり方は、1日ファスティングと同じですが、3日間ファスティングした後の復食はより胃腸に負担をかけないメニューを心がけましょう。

ファスティングに人気の酵素ドリンクは?

酵素ドリンクでのダイエットに取り組んだ人の99%が痩せたという実績を持つ人気の酵素ドリンクです。

専任のスタッフにダイエットや飲み方の相談もできるサービスもあるので、ファスティング前に不安や疑問がある方も、アドバイスもらいながら安心して取り組むことができますよ。

甘みの感じるピーチ味も、ファスティング中の空腹感やストレスを緩和してくれるのでおすすめです。

すぐに始めたい人は1日でできる味噌汁ファスティングも

「さっそく今週末に1日ファスティングをやりたい!」という方は、酵素ドリンクが準備できなければ味噌汁を使ったファスティングという方法もあります。

1日3食を具なしの味噌汁に置き換えるだけで簡単ですし、暖かく塩分を感じるお味噌汁を飲むことで、空腹感も紛れ無理なくファスティングをすることができます。

準備期間、回復期間におすすめの食事メニューは?

基本的には、「まごわやさしい」の食材を使ったメニューから選ぶのがいいです。

ま:豆類
ご:ごま
わ:わかめ(海藻類)
や:野菜
さ:魚類
し:しいたけ(きのこ類)
い:いも類

簡単に準備できるのは、

  • 野菜スープ
  • 湯豆腐
  • 温野菜、蒸し野菜
  • 味噌汁

などですね。

サラダなど生野菜も食べても大丈夫ですが、なるべく胃腸を冷やさない蒸し野菜や温野菜にしてあげると、より負担をかけにくいです。

また、すりおろした野菜は酵素をたっぷり摂取することができますよ。

ファスティング後の過ごし方も気をつけないと意味ない!

ファスティングをすると、体の水分や溜まっていたものがデトックスされるし、単純に食事をとっていないので体重が落ちます。

ですが、それで「痩せた!」と思って暴飲暴食しては意味がありません。

食事など生活に気を使わなければまたすぐに戻りますし、リバウンドしてしまう可能性も。

ファスティング期間中に自分の食生活を振り返ろう

ファスティングは、ファスティングをやっている間だけの効果を期待するのではなく、自分の食生活の見直しなども含めて行うことで本当の効果を実感することができます。

普段、どれだけ自分が無意識に間食しているのか、必要以上に食べ過ぎているのかに気がつけるのもファスティングをするメリットのひとつになります。

ファスティング後に食習慣を意識することで体の調子もアップ

ファスティングでせっかくリセットされた体です。

調子のいい状態をキープできるように食生活の見直しを行なっていきましょう。

また、忙しくてどうしても食習慣が乱れてしまうという方は、定期的にファスティングを取り入れることで、腸を休ませてあげるようにするのもいいですね。

【ファスティングのやり方】まとめ

1日ファスティングでも「ただ1日食事をしないだけ」というものではなく、始める前の準備や回復期間なども必要です。

まずは、週末の3連休などを利用して1日ファスティングからチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね(^^)

また、空腹感が不安な方は、あえて仕事のある平日に行って、仕事で空腹感を紛らわすという手段もあります。

ファスティングは短期間で体重を落としたい方だけでなく、体をデトックス、リセットする効果があるので、「これからダイエットを始める方」の体づくりとしてもおすすめできます。

正しい方法で、効果的に、安全に行っていきましょう。

-ダイエット方法

Copyright© 生酵素サプリ おすすめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.